エヴァリー萌えバンド

萌えっ娘たちはキュンキュンしていてチョー可愛いと思う人は一度コチラのサイトを見ておいた方がいいでしょう

圧倒的に2次元で使われる萌える女性が急増している

萌えとは、正しい日本語では草木が芽生えることを指しています。

しかしオタクの文化では、一方的な愛情を持った時の感情を示す言葉として萌えると使われています。

要するに誰にでも萌えるという行為は、生じるわけでオタ芸と言われている、特な何十年後はもしかしたら伝統芸能になるかもしれない踊りにふけているようなオタクだけの感情ではないことがわかります。

萌えるのは人それぞれ

多くの人が誰かしらに恋をします。その恋愛をするという発生の感情を萌えるということになります。そう考えるとそう難しいことではありません。誰にでもそのような経験があるでしょう。芸能人が見せるしぐさにかっこいい、かわいいという感情が芽生えた時こそ萌えているのです。

オタク文化は2次元で萌える

オタクの文化では、人間に対して使われるよりも2次元の絵について使われることが多いのも特徴です。リアルでは絶対に見ることができないあどけない顔に、はちきれんばかりの胸の強調など特徴です。またそれとは逆に、胸が小さいのも最近では萌える人が出てきました。

女性視点での萌えもある

壁ドンは特徴的な女性視点の萌えでしょう。しかしこれはあくまでもカッコイイ男性にしてもらう、または憧れを抱いている男性にしか発生しない感情です。オタクや興味がない男性に壁ドンをされたところで、それはただの威圧に過ぎません。

仕草も重要な萌え項目

男性や女性がふと見せる仕草も大切な萌え要素です。いつもしっかりしている人が、おっちょこちょいな行動をしたり、甘えたりするのは重要な萌え要素として加点されます。ギャップがあればあるほど萌えてしまいます。しかしお店の女の子などの計算高い演技などは禁物です。萌え要素に敏感な人は、すぐに見破ってしまいます。萌えからあざといという悪い要素に変化してしまうでしょう。

人の数ほど、それぞれに萌え要素があります。自分はどのようなものに萌えるのかを知ることで変わる可能性があります。積極的な恋愛を避ける傾向が高い若者ですが、そこから脱却し恋人を求める社会になる救世主が、萌えなのかもしれません。

見た目や容姿は絶対条件

萌えるという感情の第一条件を考えた時に何が必要なのかを考えてみました。

どんなに仕草や態度、言動に萌え要素があったとしても、第一に必要なものがあります。

カワイイは正義

かわいさを持ち合わせていない者に、萌えるという感情は芽生えることが少ないです。例外として彼氏彼女の関係で萌えるというのは、愛情による萌え要素であって、一方的な感情を生じることを意味する萌えるとはちょっとニュアンスが違うものになります。やはり萌えるというのは、まず第一に外見がとても重要視されています。そしてそれにギャップがあればなおさらよいです。幼い顔にアンバランスな体など、まさに萌え要素満載になることでしょう。かわいいに勝てるものはないです。

可愛さがスタート位置

そしてこのかわいさがスタート位置になり、そこから様々な要素が絡んで特別な萌え要素を構築することになります。その要素こそ、ギャップであったり、感じているものがくすぐられるかわいさになります。

萌えることの第一条件は、まずかわいいことになります。外見が良ければ良いほどそれは高くなりますが、かわいいと感じるのは人ぞれぞれです。それぞれのかわいいと思う感覚をくすぐるようなものがあれば、必然的に萌えるという感情が生まれることになるでしょう。

私に似合うオシャレ度120%アップのメガネ活用術

第一印象で好きなフレームをえらびがちですが、実は自分のお顔の形からメガネを選べば失敗がありません。似合う形をあらかじめ知っておけば、生活のパートナーとなるぴったり合うものがすぐに見つけられますよ。

三角・四角型さんにはオーバル

やさしい卵型のまるみを持たせたフレームはシャープな印象を優しくします。ふちなしのものや、逆に立幅が太目のフレームにして、色を目立たせるのもいいでしょう。この時にセレクトしてほしい色は、肌に馴染みやすいものや、ペールトーンの淡いもの。

よりやわらかな雰囲気にしてくれますので、似合う色の中でもあたたかみのある優しい色をチョイスしましょう。大きなものより気持ち小ぶりなものを選べばオーバルのよさを出すことができます。老若男女を問わず人気があり、特に服装やヘアスタイルを選ばないためプライベートとお仕事兼用で使うことができます。

丸顔さんはスクエア

その名の通り四角くて細いフレームのものです。直線的でシャープな形はまるみのあるお顔をスッと綺麗なフォルムに印象付けてくれます。色はグレーやあいいろ、むらさき色といったブルーなどの寒色系にすれば引き締まって見えます。

横にながいのも特徴で、まあるい輪郭をきゅっと引き締めます。縦に短いため、目元を横方向に強調させることができて面長に見せる効果もあります。

面長さんはウエリントン

丸みのあるソフトなラインのものなので、太目のフレームにするとさらに上下の幅を強調してもらえます。顔の長さをカモフラージュしたいと考える人にはもってこいの形です。ポップな柄で自分らしさの表現もしやすいウエリントンはボーダーやドット柄、少し奇抜な柄にもチャレンジしてみましょう。レンズアラーは明るめがおすすめです。

ふちの無いものも個性が光るアイテムとしてインパクトを与えることができます。縦長なお顔に大きめのレンズは映えるはずです。落ち着いたイメージを与えるため40台以降の男性に人気があります。

フレームカラーで差をつける

キーになる色は、お肌や唇、眉や髪の色など、人が本来持っているものと同系色に含まれる色です。周りのめがねくん、めがねちゃんを思い出しても、ベージュやブラウン系、赤やピンク、黒やグレーを持っている人が多いのではないでしょうか。

自然にお顔の一部として愛用したい場合は顔なじみのよい肌に似た色、ゴールドのつや消しなどがオススメです。適度に主張させたいときにはブラウンやブラックでインパクトを付けましょう。明るいイメージを持たせたい方はレッドやオレンジ、ピンクなどで元気な印象を付けてください。

同じ色でも、トーンによってはガラッと雰囲気が変わります。落ち着きを演出したいならグレイッシュや深みのある色に挑戦してみましょう。

たかがメガネ、されど眼鏡。おっこれだ!と思えるものに出会えれば、他の人と一味違った洒落た萌えポイントになるかもしれません。